どうも。ニキビ塾管理人です。

今回は「思春期の中学生に
ニキビができる原因と
思春期ニキビを治す方法」
についてご紹介をします。

思春期ニキビの治し方って
普通のニキビと違うんでしょうか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. 思春期の中学生にニキビができる原因

ニキビとは、
毛穴に発生する皮膚の炎症の一つで、
皮脂の分泌の多い顔、
背中などを中心に発生します。

ニキビができる原因には男性ホルモンと、
アクネ菌が大きく関係しています。

中学生になるころは、
ホルモンのバランスが崩れ始め、
男性ホルモンの分泌が増え始める時期です。

男性ホルモンは、
皮脂の分泌を促進するホルモンなのですが、
思春期には男性ホルモンの分泌が盛んになることで、
皮脂の分泌量が増えてきます。

また同じく、男性ホルモンは
毛穴をつまりやすくする作用もあります。

ニキビの原因菌はアクネ菌という菌なのですが、
この菌は人間の皮膚の表面に常在する菌で、

空気が入らず、
脂肪分が多い場所を好みます。

つまり皮脂で詰まった毛穴は、
アクネ菌にとって最適なすみかなのです。

2. 中学生でもできるニキビを治す方法

中学時代は、部活に勉強に忙しい時期。

どうしても夜更かしをしがちになりますが、
ホルモンバランスを整えるためにも、
規則正しい生活を心がけてくださいね。

よく言われることですが、
洗顔を行い、
皮膚を清潔に保つようにしましょう。

ただし、
洗いすぎは皮膚の乾燥を招いたり、
皮膚を刺激することになり、
かえって症状を悪化させることがあります。

1日2回くらいまでがよいでしょう。

髪の毛などが顔に常にかかっている状態も、
ニキビを悪化させるもとになります。

髪型にも注意を払いましょう。

食事内容に気を付けることも重要です。

脂っこい食事や甘いものは、
皮脂の分泌を高めてしまうため、
ニキビを悪化させると言われています。

逆にビタミンが多く含まれる、
野菜を摂るのはニキビによいとされています。

ビタミンBには、
分泌される皮脂の分泌量を抑えたり、
皮脂の素となる脂質を分解する作用があります。

またビタミンCには、
肌の再生を助ける作用があります。

タバコを辞めずにニキビだけ治す方法はある?

思春期にできるニキビは、
青春のシンボルなどと言われますが、
顔にできるニキビ、
気になりますよね。

ついつい手で触ってしまい、
悪化させてしまうことも。

時期が過ぎれば次第に落ち着いてくるものですが、
悪化させてしまうと、
跡が残ってしまうことも。。。

ニキビの症状を改善するために、
毎日の洗顔に気を付け、
規則正しい生活を心がけましょう。

それでもよくならず、
ニキビが気になって
他のことに手がつかなくなるようであれば、
皮膚科で相談してみるのも良いと思います。
一人で悩みを抱え込まないようにしましょうね。